石川県七尾市中島町外にある能登の穴場の西岸駅 アニメ「花咲くいろは聖地」湯乃鷺駅の魅力

オンライン観光ナビゲーターの悠(ユウ)です!!

今回、ご紹介する穴場は・・・・


©花いろ旅館組合

アニメ「花咲くいろは」に登場する湯乃鷺駅のモデルとなった駅「西岸駅」です。

「えっ!?駅??」と思われるかもしれませんが、この駅は正に感動する程の魅力がある正に能登の穴場的なスポットの1つなりますので、是非ともご覧頂ければかと思います。

それでは、今回も不肖”悠”が皆様をご案内させて頂きます。

—-スポンサーリンク—–



石川県七尾市

場所は北陸地方の西部に位置する市であり、七尾市は能登地方の中心市になります。

この辺りは、和倉温泉・赤浦温泉・赤崎温泉と温泉も有名な場所です。

特に和倉温泉は有名です。

ちなみにアニメ「花咲くいろは」登場キャラクターの和倉結奈もこの温泉地の名前からきています。

また、七尾市の人口は5万人以下の60357人(2009年時)です。

七尾市は能登半島の中央部に位置し、富山湾、七尾湾に面し、市域には能登島を含む。2004年(平成16年)10月1日に市町村合併により新市制の七尾市が発足。
「七尾」の名称の由来は、七尾城のあった山(通称・城山)の7つの尾根(菊尾、亀尾、松尾、虎尾、竹尾、梅尾、龍尾)からと言われています。

七尾市中島町外

次に西岸駅のある、七尾市中島町外とはどんなところか??

七尾市からは距離にして22,7キロ(車で約35分程)の位置にありますので、七尾市からは少し離れております。西岸駅から七尾市までのルートだと以下のようになります。

西岸駅付近の光景はこんな感じで、アニメのワンシーンでも登場します。目の前の通りは推定主要道路ですが、車通りは多くありませんでした。

ここから少し北上すると・・・

はい、海が直ぐ側にあるわけです。というか、西岸駅からも海は見れます。海沿いですからね。

この風景もイイですねぇ~

西岸駅周辺にて見れる光景ばかりなので、電車の待ち時間の際には少し散策してみてはいかがでしょうか??

この時期(5月後半)は日差しは暑いですが、海沿いだけあって風がやはり涼しくて気持ちいいので、外にいても思った程は暑くありませんでしたし、逆に気持ちいいぐらいです。でも、車の中で停車中は流石に冷房つけないとキツイです(笑)

西岸駅(湯乃鷺駅)

ここは、アニメ「花咲くいろは」の湯乃鷺駅のモデルとなった西岸駅です。




©花いろ旅館組合

この駅は無人駅となります。また、券売機もありません。乗車券なしでも改札からホームへと入り、電車の中で買うシステム(多分)だと思います。私は車で来訪したので今回は電車には乗りませんでしたが、是非とも次回は乗車したいと思っております。駅の外には自販機と長椅子もありますし、トイレもありますので、駅外でもちょっとした休憩もできます。

また、当然ですが、駅構内にも座る場所はあります。自販機があるので夏場は助かりますね!

ちなみにこの日、アニメのラッピング電車と普通に電車を見れることが出来ました(1時間程待ちましたが)

まずは、普通の電車はこちら!

次は「花咲くいろは」ラッピング電車


当然、どちらも「のと鉄道七尾線」です。

アニメ同様、そのままの電車でしたね。こういう電車に乗ってのんびり旅に行くのも幸せだと思います。のんびり窓の外から見えるのどかな光景を見ながら・・・

西岸駅(湯乃鷺駅)の駅構内

駅構内はこんな感じで、正に「花咲くいろは」一色な感じでした。

燕の巣がありました(笑)

心優しい方がのと鉄道様に許可の紙を貼り付けたのを、更にのと鉄道様がTwitterで好対応にてご返事をしていましたが、どちらも素晴らしいと思いまして、心がホッコリしました!!

西岸駅といえば、ロックバンドのnano.RIPE(ナノライプ)がアニメ「花咲くいろは」のOP・EDにも参加していますが、その中の面影ワープという曲のPVをこの西岸駅で撮影したのが有名です。

勿論、駅構内にもありました!
メッセージ付きで。

そして、やはり聖地ときたら・・・

巡礼ノートですよね??

勿論、西岸駅にもありますよ。

私も一筆書いておきましたが、前の方達をみると、ほぼ毎日のように誰かしらが訪れていることに驚きました。これだけ愛されているというのもアニメだけじゃなくて、この西岸駅の魅力が重なってこそなんじゃないでしょうか??

また、時刻表の他にも「花咲くいろは」ラッピング電車の時刻表もありますので、ラッピング電車が見たい方にも何時に見れるかが分かるように親切にも以下のような時刻表が別にあります。

〇がついている時刻にくる電車がラッピング電車です。

こちらは聖地巡礼ノートが置かれている場所近くにありました。

この辺り周辺に置かれております。

では、次はいよいよ駅ホームへと出てみましょうか!!

さぁ、階段を登りましょう!!

西岸駅(湯乃鷺駅)ホーム

アニメを知らない方で初めてこの駅にきた方は困惑するでしょう!!

何故ならば、この駅には看板が2つあるからです!

1つは・・・

正式名称の西岸駅の看板。

もう1つは・・・

アニメ同様に湯乃鷺駅の看板があるからですね!

同じ駅に2つの別名称の看板がある駅は恐らくは日本中、いえ、世界中探してもこの駅だけかもしれませんね。
こういうことしてくれる、のと鉄道様はとても素晴らしい鉄道ですね!

私が来訪した際には誰もいない本当に静かな無人駅でした。でも、風景とかはのどかで凄くのんびりした気持ちになり心が癒されましたね。

ここからはその風景の一部分をアニメ描写と共に堪能して下さい。





どこまでも永遠と続いていく線路の先に何があるのか・・・

ちょっと神秘的というか、ノスタルジックに浸れるのような光景です。ちなみにこの風景を見れる場所は上り線から下り線ホームへと移動する際の道にこの風景が見られます。この画像だけだと危険な場所で勝手に撮影したように感じますね(笑顔)

電車が来ますが、誰も下車しない&誰も乗車することはなく、駅には私1人だけでした(汗)

ホームから見れる自然な山の風景

最後に感想とオススメ度の評価

今回は石川県七尾市にある西岸駅をご紹介しましたが、この場所は本当に癒される穴場の駅です。また、この七尾市中島町外という場所自体は海と山のダブル自然パワーで更に雰囲気最高の場所です。

アニメ「花咲くいろは」ファンが間違いなく感動することでしょうが、アニメファンじゃなくても感動できます。

この場所に何か有名な観光名所はないかもしれません。

ですが、無名ながらも人を感動させる「また行きたい!」と思わせる魅力をもった場所でした。

アニメファンだけじゃなくて、旅好きな方にも是非とも一度は立ち寄って欲しい場所、そして魅力ある駅でした。のと鉄道七尾線にて旅をされている方、これからされる方には是非とも途中下車をオススメします!!

最後に自分なりに評価を★で表します(★1~5段階)が、あくまでも評価したらの場合です。評価なんていらないし、意味はないかもしれませんが、それでも一応はさせて頂きます。

でも忘れないで下さい。

実際に見るリアルは評価なんて数値を遥に上回ることを。

オススメ度

風情度 ★★★★★
感動度 ★★★★★
聖地度 ★★★★★

また来たくなる依存度 ★★★★★

合計評価★★★★★(オール5以上!!)

 

では、ここまではオンライン観光ナビゲーターの悠がお送りしました。
最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました!!

ブログ村ランキングに参戦中です。記事が良かったと思えた方は応援ポチをお願い致します。

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です