アニメ「花咲くいろは」の聖地 石川県金沢市を代表する温泉地の湯涌温泉の魅力とは??「今すぐ行きたくなる石川県金沢市湯涌荒屋町」

 

初めまして、当ブログ「全国日本各地の超穴場観光名所から情緒ある町々~アニメをご案内するオンライン観光案内所」の管理人である悠(ユウ)と申します。

今後、当ブログにて全国各地にあるこの美しい日本の町々や穴場、隠れた素敵な観光地、アニメの聖地等、どこかにあなた様が絶対に訪れたくなる場所をご案内させて頂きますので、以後お見知りおきを。

当管理人&当ブログについての詳細はこちらをご覧下さい→→→当ブログ&当管理人について

今回ご紹介する観光案内所は、アニメ「花咲くいろは」の聖地となった石川県金沢市湯涌荒屋町となります。


©花いろ旅館組合

ようこそ! 湯涌温泉へ!!

湯涌温泉が初めての方には、まずはこの湯涌温泉地へ向かう直前にある「湯涌温泉観光案内所」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか??歴史ある湯涌の情報やパンフレット、そしてアニメ「花咲くいろは」関連のグッズまで販売している素晴らしい観光案内所です。

さて、この湯涌町と湯涌荒屋町は金沢市屈指の温泉として名高く、通称「金沢の奥座敷」と呼ばれています。その歴史は深く、718年に紙漉き職人が泉で1羽の白鷺が身を浸しているのを見て近づいてみると、湯が涌き出ているのを発見した。これが当温泉の発見および当温泉名の由来とされているとのことです。

泉質は主に4つあります。

源泉は4つある。
ナトリウム・カルシウム – 塩化物・硫酸塩泉 など 源泉温度32度
湯は無色透明、ほのかな塩味、無臭である。

日帰り温泉としても、活用できるので宿泊は時間的に難しい方にもオススメできる温泉街です。特に有名なのは日帰り温泉が活用できる開湯1300年の歴史を持つ、「白鷺の湯」です。

白鷺の湯様

湯涌温泉街で多く見られる木格子をデザインに取り入れ、戸室石や金箔を使用して金沢らしさも演出。

2009年10月 白鷺の足場と野外ステージが同時オープン。

足湯は午前9時から午後9時までご利用できます。毎月第3木曜日はお休みです。

営業時間 午前7時から午後10時まで
休業日 毎月第3木曜日
入場料 大人(中学生以上)380円
中人(小学生)130円
小人(6歳未満)50円
TEL 076-235-1380

引用:湯涌温泉観光協会様より

タオルと石鹸やシャンプー等は販売していますが、私が訪れた際には皆さん各自で用意していたようなので、温泉を活用する際にはお風呂用意一式あると便利です。ただ、購入タオルには「白鷺の湯」の文字も記載されておりまして旅の記念品の1つになると思います。

また、近くには無料の足湯も存在します。よく観光客の方が足湯を気持ちよさそうにされている風景を見ます。

また、お風呂上りには是非ともこの地でオススメの柚を使った柚サイダーを購入して飲んでみてはいかがでしょうか??

とても美味しくて、そしてビンのラベルにはアニメ「花咲くいろは」が可愛く貼り付けてあります。キンキンに冷えた柚サイダーをお風呂上りの火照った身体に流し込めば、もはや天国昇天となること間違いなしでしょう!

また、この白鷺の湯様にはアニメ「花咲くいろは」の自販機も設置しております。

至る場所に「花咲くいろは」があなた様を迎えてくれます。

平日の昼間だと本当にのんびりした空間を1人占めできることもあり、また歴史を感じさせる素晴らしい湯だとも思います。価格も良心的な安さですし、休憩スペースも設置されてますので、旅の疲れを癒すにはもってこいです。

日本初の試みを成功させた湯涌のぼんぼり祭りとは??

まず湯涌温泉といえば、冒頭でもお伝えした通りにアニメ「花咲くいろは」の聖地として新たな客層を生み出したことに成功した街の1つだと思うんですが、それは何もアニメだけの効果だけではなくて、元々の湯涌く温泉街の素晴らしさが根底にあると思います。当ブログ管理人の私も最初にこの温泉街を知ったのはアニメからでした。

そして、その後にこの温泉街に聖地巡礼したわけですが、聖地ではなかったとしても必ず気に入っていた温泉街、好きになっていた温泉街だったと間違いなく断言できる程に素晴らしい温泉街です。

実はアニメの中で”ぼんぼり祭り”という架空のお祭りがあるのですが、この街の凄いところはそのお祭りをアニメでの架空のお祭りを実際のお祭りとして始めたことです。

そうです、アニメの架空の祭りを実際に聖地で味わうことが出来るんです!!

更にこのお祭りは多くの人々を湯涌に呼び込むことに成功して、お祭りとしては大成功といっても過言じゃないぐらいの反響を呼んだのです。既にアニメが終了してから何年も経過した現在でも、ぼんぼり祭りは毎年秋に開催されておりまして、今も多くの人々がお祭りを楽しんでいるのです。

アニメの中の架空のお祭りを現実のお祭りにしてしまったという偉業を成し遂げただけではなく、そのお祭りで多くの人々を呼ぶことに成功して毎年継続しているわけであり、これは日本初の偉業なんです。


写真元:wikipedia様より

概要については以下です。

2011年に放送されたテレビアニメ『花咲くいろは』劇中に登場する主要舞台のモデルとなった湯涌温泉(劇中では「湯乃鷺温泉」)は、放送開始以降多くのアニメファンが訪れる、いわゆる、サブカルチャーによる聖地巡礼の名所となった[1]。開始当初は地元でも認知度が低かったことから「作中のシーンをまねるファン」の光景などを地元民でさえ不思議がっていたが、次第にインターネット上でうわさが広まり、エンドロールに協力地として明記されたことから、2011年のゴールデンウイークには宿泊予約が相次いだ[2]。

そして大々的にタイアップ事業を展開する湯涌温泉では、劇中に登場する架空の神事「ぼんぼり祭り」も観光協会は「きれいな祭りだ」として、アニメ制作会社・ピーエーワークスの協力を得て2011年秋に開催する事を決定する[2]。なお、本行事は2008年(平成20年)7月28日に係る地域を襲った浅野川水害[注 1]からの復興3周年記念イベントの一環としての性格も持つが、同協会は恒例行事としての定着を狙っていた[3]。

毎年7月から約300基のぼんぼりを設置、10月の連休に祭事を行っている。温泉街入口から湯涌稲荷神社を通り、お焚き上げの儀を行う玉泉湖までの約500メートルを隊列の行列が進む形式である[2]。

開催初年となった2011年は主催者発表によると約5千人が集まった[4][5][3][6]。この模様の一部はUstreamで生中継され、延べ1万4千人を超える視聴があった[7]。結果、東日本大震災の影響による減少があったにも関わらず、平成23年度における湯涌温泉の入り込み客数は62,261人と前年度を7.4パーセント上回ったことが湯涌温泉観光協会から発表されている[8]。北陸新幹線・長野-金沢開業後の2015年の祭りには初回の2.8倍近くの1万4千人が来場した[9]。

「地域に根付く祭りにすること」にこだわり、宿のサービスも敢えてアニメと連携したものは設定しなかった所もファンの好評を得た[2]。毎年春に日程を発表するや否や湯涌温泉中の旅館が満室になるほどとなり[10]、ファンのみならずカップルや家族連れ、祭りがアニメ発祥と知らない人たちも多数訪れる行事となった[2]。

引用:wikipedia様より

お祭りの舞台となる湯涌稲荷神社とその神社から見下ろす景色はアニメ同様の感覚であり、まるで「花咲くいろは」の世界にいったような感じになりますが、例えアニメの影響がなくても好きになる何気ない風景です。


©花いろ旅館組合


(2018年3月に2度目の来訪時に撮影しましたが、まだ雪が残っており参拝は出来ず(悲))

(これは以前に来訪した際にパシャリ)


この画像元TRGA様より引用


©花いろ旅館組合


画像元:GAJEANISM様より

お祭りの風景をもっと知りたい方はネット検索して頂くと分かりますが、とても神秘的であり、またアニメの中のぼんぼり祭りを忠実に再現しているので、とても感動すると思います。

私はまだ参加したことはありませんが、一度は必ず参加してみたいお祭りです。毎年秋に開催されているようなので、興味のある方は是非とも参加してみてはいかがでしょうか??

私??

勿論、いずれは必ず参加させて頂きます!!

いえ、出来ればボランティアとして参加させて頂きたいんですよね。
緒花ちゃん達が働いていたあの温泉街で私もぼんぼんってみたいんです!!

私、輝きたいんです!!(BY松前緒花)

 

お次はアニメ「花咲くいろは」のグッズを沢山置いてあるお店をご紹介します。

喜船商店様

住所 〒920-1123
石川県金沢市湯涌町イ1
営業時間 9:00-18:00
定休日 年末年始
TEL 076-235-1234

引用:湯涌温泉観光協会様より

私は2度この温泉街を訪れたことがありますが、2度共にこの善船商店様に立ち寄らさせて頂いております。店主さん、その奥様(多分)のお二人はとてもご親切であり、色々とお話しを聞かせて頂き、また店内や店外の写真撮影も喜んで承諾して頂きました。お話しを聞くと、やはり全国各地から聖地巡礼に訪れる方もいるとのこと。更には国内だけではなく、海外から「アニメを見て訪れた」という外国の方達もいるとのことです。

 

お次は花咲くいろはのキャラクターの1人である和倉結奈ちゃんの住むふくや旅館と、結奈の好きな夕暮れの湯乃鷺温泉(湯涌温泉)

この結奈が住む家(旅館)のモデルとなったのが、実際に湯涌にある「秀峰閣」様です。歴史ある旅館であり、結奈の家のモデルとなった湯涌温泉街にある有名な旅館です。ですが・・・


©花いろ旅館組合

この時に撮影した時には既に閉館しておりました(2018年3月17日で閉館)が、それを惜しんだファンの方達が何人もこの秀峰閣様を見に来訪しておりました。

一度は是非とも宿泊して見たかったのですが、とても残念で仕方ありません。湯涌温泉の1つのシンボル的な建物なので、出来ればこのまま歴史ある建造物としても残して頂きたいものです。

もう1つ、結奈といえばこのシーン。


©花いろ旅館組合

いつ見てもこの椅子は情緒があり、また結奈が本当に座っているような気になってきます。

結奈の好きなシーンでは、2期の修学旅行の帰り道に結奈が「夕暮れの湯乃鷺(湯涌)、綺麗・・・好き」みたいな事を言い1人歩きながら家に帰るシーンがあるのですが、その風景は勿論実際の湯涌であり、その風景&シーンがとても好きなんです。

 

ということで、お次は夕暮れ時の湯涌の風景です。

写真では臨場感がないので分かりにくいかと思いますが、夕暮れ時の湯涌は本当に綺麗です。この夕暮れ時の湯涌を見ると、結奈の言っていた「夕暮れの湯乃鷺、綺麗・・・好き」という意味が分かります。そして、より一層に湯涌が好きになります。こうなると、もう帰りたくないですよね??

 

魅力ある湯涌のお宿を一覧ですがご紹介します。

湯涌には現在、以下のお宿があります。実際に宿泊はしたことはありませんが、どこも1度は宿泊してみたい旅館です。緒花ちゃんのような素晴らしい仲居さんや、スイさんのような素敵な女将さんがいることでしょう。

あたらしや 様

創業二百五十年。
心、思いのままに、静やかに…。

客室数8室

宿泊料金14,700~28,350円

あたらしや様のHP

 

お宿 やました 様

大自然の恵みの中において、
静けさと涼しさの恵みによって、良き人生を願う宿。

客室数10室

宿泊料金13,650~23,100円

お宿 やました様のHP

 

かなや 様

四季折々の味を上質の寛ぎ空間の中ご用意しております。

客室数19室

宿泊料金13,650~31,500円

かなや様のHP

 

日本料理 さかえや 様

いらっしゃいませ、そしてお帰りなさいませ。
[懐かしき心の宿]へ・・・

客室数7室

宿泊料金13,650~24,500円

日本料理 さかえや様のHP

 

湯の出 様

自然と漂う空気、音、時間を大切に、
極上のくつろぎをおとどけします。

客室数10室

宿泊料金15,750~26,250円

湯の出様のHP

 

金沢・湯涌 山音 様

四季折々の味を上質の寛ぎ空間の中ご用意しております。

客室数10室

宿泊料金9900円~24000円

金沢・湯涌 山音様のHP

 

金沢湯涌温泉 百楽荘 様

四つの貸切風呂と六つのスイートの宿

客室数12室

宿泊料金21100円~111100円

金沢湯涌温泉 百楽荘様のHP

 

ゲストハウス 様

いしかわに「湯治場」復活!金沢湯涌ゲストハウス・自炊部 誕生

客室数5室

一泊おひとり様4000円(中学生以上)

ゲストハウス様のHP

 

 

秀峰閣 様

閉館していますが、HPは残っておりまして、館内の風景等が見れますので載せときます。「花咲くいろは」のキャラクターである結奈の家のモデルとなった旅館です。
秀峰閣(アニメはふくや旅館)様のHP

※各旅館様の料金等は2018年4月の時点でのHPで確認した価格です。価格等は変動する可能性もありますので、必ず1度ご確認頂くようにお願い致します。

 

湯涌は温泉だけじゃない!?


画像元:湯涌温泉観光協会様より

湯涌は温泉以外にも有名な「氷室」と呼ばれる伝統行事があります。

夏七月一日、金沢では「氷室の日」と呼ばれおります、藩政時代には旧六月朔日を「氷室の朔日」と呼んでおり、毎年冬の間(大寒の雪)に白山山系に降った雪を氷室に貯蔵し、六月朔日になるとこの雪を「白山氷」と名付け、桐の二重長持ちに入れて江戸の徳川将軍へ献上していた。
加賀藩の初期には白山山系の倉谷村の氷室の氷が使われていたが、五代藩主綱紀公の頃、金沢市近郊や市内に多くの氷室が設けられ、町民も氷を食する事が許された。しかし夏の氷は貴重品で、主に目上の人への贈答品などに使われ、庶民が食することは大変だったようであります。
それで氷の代わりに麦で作った「氷室饅頭」を食べて無病息災を願う習慣だけが現在でも残っております。

一部引用:湯涌観光協会様より


引用元:一般学生組織トキカク様より

この「氷室」がスタートより四半世紀がすぎているということで、歴史的には非常に大切なことであり、今後も大切な歴史ある湯涌の伝統行事として残していくものですね。

実は湯涌近隣には更なる湯涌を知る、そして楽しめる施設があります。以下にリンクを貼りますので、是非とも湯涌に行った際には温泉以外の観光地もあるということを知って頂ければと思います。

金沢湯涌江戸村

結奈の家であるふくや旅館、いえ秀峰閣様の通りを進むと正面に見えてくるので湯涌温泉街にいけば直ぐに発見できる場所にあります。というか、秀峰閣様の直ぐ後方です。

金沢湯涌夢二館様

大正時代を代表する詩人画家・竹久夢二の名にちなんだものですね。

竹久夢二(1884-1934)は、雑誌に掲載された「コマ絵」という版画の一種で明治38年(1905)にデビューしました。夢二は、浮世絵版画の影響を受けながら、直筆の絵画作品と同じくらいの情熱を自身の版画作品にも傾けました。本展覧会では、「夢二の版画」展のシリーズ第2弾として、大正中期から後期にかけて制作された夢二の木版画に焦点をあてて展示します。

こちらは2000年に建造されたまだ新しい建物です。白鷺の湯様の直ぐ側にありますので、湯涌温泉街の通りを真っすぐ歩いて頂ければ左側に建物が見えてきますので、こちらも直ぐに分かると思います。

湯涌創作の森

テーマは「創作」と「交流」、そして「古民家」と「森」
金沢湯涌創作の森は、金沢の奥座敷として古くから親しまれてきた湯涌温泉の入口にあります。明治・大正期の貴重な建物を保存活用するため、里山の新たな文化拠点として金沢市が整備したものです。5つの登録有形文化財を含む古民家群は、藍染・草木染、版画制作のための専門設備をもった工房やギャラリーへ改装、誰もが使える自由な創作活動・作品発表の場となっています。
各工房とも、初心者講座や工房体験プログラムを開講しています。また、各種セミナーや稽古・ミーティング等に使える多目的交流研修・宿泊施設も備えており、滞在制作や合宿が可能です。9万㎡におよぶ敷地の中、各棟は「コリドール(回廊)」で繋がれ、自然体験の場として展望広場を巡る散策路や染料植物園、ハイキングや遠足、屋外イベントに使える交流広場もあり、癒しと創造の交流空間として気軽にご利用いただけます。入場・見学は無料です。

引用:湯涌創作の森様より

そして、充分に湯涌を楽しみ、そして心をリフレッシュした後は帰るだけ・・・じゃ、ありません!!

湯涌のお土産を堪能しよう!!

そう、最後はなんといっても湯涌のお土産です。勿論、形に残らないお土産も大切ですが、形に残るお土産もまた重要なのです。身近な方や、家族・友人等、そして何よりも自身へのお土産として湯涌の骨の髄まで味わうべく、最後の最後はお土産なのです。

湯涌のお土産
金沢ゆわく 柚子と生姜のお酒
地元産の素材[じわもん]でつくったリキュール
湯けむりのような、薄にごりのお酒

湯涌温泉観光協会の女性グループ「かたくり会」、JA金沢市、いしかわリキュール研究会の共同企画によるオリジナル商品です。
湯涌の柚子と大桑の生姜を清酒「加賀鶴」に漬け込みました。ひとくちの爽快感ときれいな余韻、この美味しさはあとを引きます。女性の視点と感性で磨かれたお酒です。

■ロックもホットも楽しめるオールシーズンタイプです。
ストレート、ロック、水割り、炭酸水割りで
お食事の食前酒に、リラックスタイムの一杯に
お湯割りで楽しめば、からだもぽかぽか
■湯涌温泉の各旅館、本吉商店でご提供できます。商品案内もしています。

300ml/1,500円(税別)/アルコール分12度/リキュール
2014年2月発売

金沢ゆわく 柚子と生姜のお酒
金沢湯涌サイダー柚子乙女
香り豊かで爽やかな地サイダー

金沢湯涌サイダー 柚子乙女は、柚子街道・湯涌温泉にちなんで、柚子風味の地サイダー。

地元の柚子を使用し、程よい甘さと柚子の豊かな香りが特徴で、

甘すぎずすっきり爽やかな飲み心地です。

平成21年度(社)石川県観光連盟お土産コンクールで県観光連盟会長賞を受賞しました。

1本210円

金沢湯涌サイダー柚子乙女
金沢夢二浪漫スキンローション(化粧水)
夢二美人の潤いと艶やかさ
お肌に潤いと艶やかさをもたらすゆわく温泉をそのままボトリングした化粧水(ミスト)です。

250ml 2100円

金沢夢二浪漫スキンローション(化粧水)
温泉入浴剤 ゆわくの湯
天然のゆわく温泉成分にできうる限り同じくして作られた薬用入浴剤です。あたたまると評判です。

1パック100円


医王石せっけん
戸室石パウダーを練り込んだ無香料・無着色の石鹸です。きめの細かい泡立ちが特徴です。

1個600円

医王石せっけん
氷室まんじゅう
3色の氷室まんじゅうを1個にしました。冷凍仕上げでそのまま自然に、また、蒸してもおいしく召し上がれます。

1個140円 6個箱入1000円


ゆず胡椒
金沢湯涌産低塩ゆず胡椒です。

お刺身や焼鳥、鍋料理などあらゆる料理の薬味としてお楽しみ下さい。


湯涌かぶら
江戸期の古文書に記されていた湯涌かぶらを復活!

■ゆずぽん酢
420円
湯涌かぶらのおろしに金沢ゆずの生果汁を加え香り高く仕上げ

■漬物
湯涌かぶらの「赤い色と細長いカタチ」をテーマに葉つきのまま塩漬け

湯涌かぶら
これらの商品は各旅館・商店・総湯で販売しています。

引用元:湯涌温泉観光協会様より

総括


—-スポンサーリンク—–




私は最初、アニメ「花咲くいろは」の聖地としてこの土地を訪れました。それまでは全く知らなかった町であり、温泉地でした。ですが、アニメを見終えてからは無性に湯涌に行きたくなり、そして片道400㎞かけて行きました。

そこは確かにアニメ「花咲くいろは」の世界観があり、とても感動したことを覚えております。そして、一気にこの湯涌という街を好きになりました。それは聖地の舞台からというわけではなく、この土地が本当に素晴らしい場所だったからです。

歴史ある温泉地、そして古き良き街並み、周りの何気ないただの風景、この土地で働く活気ある人や温かい人・優しい人・この湯涌に強いプライドを持っている人、まだここで出会った人達は少数ですが魅力ある方ばかりでした。まだ2回しか訪れたことしかありませんので湯涌を語るには生意気と重々承知と理解しております。ですが、それでも言わせて頂きます。

湯涌には夢があります。湯涌を訪れることで、湯涌が目指す夢の片鱗を垣間見れる素敵な場所です。そして、湯涌には人の心を癒すことが出来るチカラを持った何かがあります。その何かは人によって異なるでしょう。

私にとってはただの何気ない風景が正にそれでした。

ですが、私はその何気ない風景を見るだけで心が凄くリフレッシュしました。また、この場所にいることが本当に嬉しいと感じました。

きっと私はまだまだこの湯涌を好きになっていきます。

最低でも年一で訪れる予定ですし、可能ならば半年に一度は行きたいと強く強く思っております。友人・家族を誘って行きたいとも思っているし、将来子供が誕生した際には湯涌旅行を家族で必ず毎年行くことでしょう。

湯涌は私にとって第二の実家ともいうべき存在といっても過言じゃないぐらいに大好きです。

まだまだ湯涌温泉を知らない方達は多いと思います。石川県や北陸地方では有名なのかもしれませんが、全国でいえば知名度的には大きくはないかと思います。だから有名な観光名所ではないのかもしれません。

ですが、確実にこの湯涌温泉は他の有名観光地に負けない程の観光名所だと私は断言します!!

この記事を見るまで湯涌を知らなかった方は、是非とも湯涌を一度訪れてみてはいかがでしょうか??

きっと、素敵な時間をお過ごし頂けるかと思います。

所在地 石川県金沢市湯涌荒屋町
座標 北緯36度29分12秒
東経136度45分22秒
座標: 北緯36度29分12秒 東経136度45分22秒
交通 金沢駅東口よりほくてつバス湯涌温泉下車
金沢森本ICより車で約30分

湯涌温泉の地図はこちら
https://goo.gl/maps/rMHwFG5qX912


©花いろ旅館組合

「お客様のご来訪、心よりお待ち申し上げております。」

長い時間に渡り最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。

ブログ村ランキングに参戦中でございます。今回の記事があなたにとって見て良かったと思った方は以下の応援バナーをポチッとして頂けると幸いでございます。ここまでは、当ブログ管理人の悠(ユウ)がお送り致しました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です